RSS

直径6メートルの時計、数字は「9」のみ バンコクのバンスー中央駅

2019年10月27日(日) 22時41分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ国鉄
 の画像
 
写真提供、タイ国鉄
 の画像
 
写真提供、タイ国鉄
 の画像
 
写真提供、タイ国鉄
 の画像
 
写真提供、タイ国鉄
 の画像
 
写真提供、タイ国鉄
【タイ】26日、バンコクの鉄道交通の新たなハブとして建設が進められているバンスー中央駅の外壁に直径6メートルの巨大な時計が設置された。文字盤の数字は、2016年に死去したプミポン前国王(ラマ9世)にちなみ、「9」のみ。

 バンスー中央駅はタイ国鉄(SRT)の在来線、タイ電車公社(MRTA)の都市鉄道ブルーライン(地下鉄MRT)とパープルラインが乗り入れるバンコクの鉄道交通の新たな拠点で、2021年開業を目指している。将来的には高速鉄道を含め6つの路線が乗り入れる。1日の利用者数は2021年20.8万人、2032年40万人を見込む。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの新たな鉄道ハブ、バンスー中央駅周辺をスマートシティ化 newsclip

【タイ】タイ政府はバンコク北部で建設中のバンスー中央駅の周辺の土地約3.7平方キロで大規模な再開発を行う計画だ。