RSS

スクーターにもSUV時代到来か!? ホンダ ADV150 に熱視線…東京モーターショー2019

2019年10月29日(火) 13時17分(タイ時間)
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《撮影 愛甲武司》
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《撮影 愛甲武司》
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《撮影 愛甲武司》
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《撮影 愛甲武司》
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《撮影 愛甲武司》
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《画像 ホンダモーターサイクルジャパン》
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《画像 ホンダモーターサイクルジャパン》
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)の画像
ホンダ ADV150(東京モーターショー2019)
《画像 ホンダモーターサイクルジャパン》
ホンダの新提案が話題になっている。コンパクトアドベンチャー『ADV150』(市販予定モデル)だ。

『PCX150』をベースに、郊外の荒れた路面も走れるようサスペンションやタイヤを強化し、ドラム式だった後輪ブレーキもディスク式へとグレードアップ。コクピットまわりも再設計した。

PCXはスクーターでは珍しいダブルクレードルフレームが骨格で、高い安定性と操作感が持ち味。こうしたバリエーションモデルもすでに開発時から織り込み済みだったのかもしれない。


エクステリアはまるっきり異なり、サイズ感はPCXより若干大きめ。シート高も795mmと、PCXの764mmより上がっている。PCX同様、灯火類はすべてLED式。よりアグレシッブな顔つきとなって、ウインドスクリーンは手動ノブで2段階調整ができるようにした。

メーターまわりはラリーマシンイメージで、PCX譲りのアンサーバック機能付きのスマートキーを標準装備するなど、もはやスクーターの域をこえた豪華装備としている。

足まわりは前後14インチのPCXに対し、フロント14、リヤ13インチに変更。前後ブレーキにウェーブディスクが与えられ、リヤサスは別体式リザーブタンク付きと本格的で、ストローク量も多めにとられた。


それでいて、シート下のトランクはPCXと同じ容量28リットルで余裕タップリ。心臓部も、WMTCモード値46.0km/リットルと優れた燃費を誇る水冷単気筒のeSPエンジンをPCXから踏襲している。

軽量・コンパクトなスクーターの高い利便性はそのままに、趣味の時間を充実させ、余裕のあるライフスタイルを提案。オフロードイメージのSUVはバイクでも人気となっているが、ついにスクーターにもその波が押し寄せてきた。
《青木タカオ@レスポンス》

特集



新着PR情報