RSS

【PR】日本語をそのまま英語に置き換えると間違ってしまう例 必ず身に付く一言レッスン - 英語編(20)

2019年11月1日(金) 14時17分(タイ時間)
「(同連載について)I hope you like it.」。日本語を話す英語のフォーゲル(Reese Vogel)先生の画像
「(同連載について)I hope you like it.」。日本語を話す英語のフォーゲル(Reese Vogel)先生
 今日は、日本語の感覚で英単語を使うと意味が違ってきてしまう、という例を挙げましょう。日常生活で多用する表現でも、いろいろ間違いが出てきます。

1)家に忘れてきちゃった。

forget=思い出せない、「記憶がない」という意味の「忘れる」です。「家に忘れる」というのは、正確には持ってくるのを忘れた、という意味です。

正:I left it at home.=家に置いてきちゃった。
誤:I forgot it at home.=家に忘れちゃった。

この場合、leave=置き忘れる、置きっぱなしにするという意味になります。どうしてもforgetを使いたい場合は……、
I forget to bring it from home.=家から持ってくるのを忘れちゃった。

2)お手洗い借りてもいい?

日本語で「借りる」と表現しますが、英語に直訳するとおかしくなります。

正:Can I use the bathroom ?=お手洗い使ってもいい?
誤:Can I borrow the bathroom ?=お手洗い借りてもいい?

borrowは「ものの貸し借り」の意味で使われるので、「借りて返す」という動作が強調されます。一方のトイレはさっと使うもので、所有物としての移動は伴いません。あくまでもuseです。

3)4人家族です。

自己紹介で使う「家族構成」の話。間違えやすいので注意しましょう。

正:We are a family of four.=4人家族です。
誤:We are four family.=私たちは4家族です。

We are a family of(人数)という英語表現は、知らないとパッと出てこないかもしれません。でもこれが一番よく使われる言い回しです。

他にもこんな言い方が → There are four people in my family.=4人家族です。

4)住所はどこですか?

住所は場所なのでWhereという言葉をイメージするかも知れませんが、英語では不適切です。

正:What’s your address ?=住所はどこですか?
誤:Where’s your address ?=住所はどこですか?

「住所」という対象を聞いてるので、「What」が正解になります。「Where」を使うのなら、以下のような感じです。

Where do you live ?=どこに住んでるの?

間違えやすさはほかにもあります。

What do you think ?=あなたはどう思いますか?
What does it look like ?=それはどんな見た目ですか?
What brings you here ?=どうしてここに来たんですか?

5)「wish」と「hope」

wish=起こって欲しいけど、その願いは絶対かなわないと分かっている多分叶わない、など。
hope=かなうかもしれないけど、本当にそのようになるか分からない、とき。

どちらも「〇〇だといい」という訳になりますが、実現の可能性の度合いが違います
また文法的にも……、

wishの後に続く名詞節 → 現在のことは過去形、過去のことは過去完了形
hopeの後に続く名詞節 → 未来のことであっても基本的に現在形

日本語を話す英語のフォーゲル(Reese Vogel)先生

 米国フロリダ州出身。1997年から3年ほど徳島市の中学校で英語指導、その後5年ほど東京都大田区の英会話スクールで主に小中学生に英語指導。その間に日本語を習得。タイ滞在11年、タイでも一貫して英語指導。
《newsclip》


新着PR情報