RSS

ドンキのシンガポール6号店 大規模フードコード併設

2019年11月17日(日) 21時35分(タイ時間)
【シンガポール】総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(東京都目黒区)は29日、シンガポール6号店となる「ドンドンドンキ・Jキューブ店」をジュロン地区の商業施設「Jキューブ」に出店する。

 「ドンドンドンキ」はほぼすべての商品が日本製もしくは日本市場向けという東南アジア仕様の新業態。「ドンドンドンキ・Jキューブ店」は食品に特化したスーパーマーケット型の店舗で、「ドンドンドンキ」初となる寿司バー、360席の大規模フードコートなどを併設する。店舗面積1488平方メートルで、フードコートがこのうち791平方メートルを占める。テナントは「豚骨王 けいすけ」(ラーメン)、「ペッパーランチエクスプレス」(ステーキ)、「ほっともっと」(定食)、「銀だこ」(たこ焼き)、「SABAR」(さば料理)、「まる玉らーめん」(ラーメン)、「蟻月エクスプレス」(鍋料理)、「築地鰻大王」(鰻)、「Sweeet Potato Factory」(焼き芋)、「お好み焼き」(鉄板焼き)。
《newsclip》

特集