RSS

GMOインターネット、ラオスに合弁会社

2019年11月20日(水) 00時14分(タイ時間)
【ラオス】GMOインターネット(東京都渋谷区)は19日、インターネットインフラ事業、インターネットセキュリティ事業を手がける合弁会社をラオスに設立し、事業を開始したと発表した。

 新会社は「GMO-Z.com Lao」。資本金24億キープで、GMOインターネットが51%、ラオスの商社AMZグループが49%出資した。ラオス語、ラオスの通貨に対応したドメイン登録サービス、ホスティングサービス、クラウドサーバーサービス、電子証明書サービスを提供いする。
《newsclip》