RSS

タイのドーピング検査機関、世界ドーピング防止機構が公認停止

2019年11月21日(木) 22時09分(タイ時間)
【タイ】世界ドーピング防止機構(WADA)は21日、バンコクのドーピング検査機関ナショナル・ドーピング・コントロール・センターの公認を6カ月間停止すると発表した。WADAの立ち入り調査で不備がみつかったため。

 ナショナル・ドーピング・コントロール・センターは11月18日から6カ月間、ドーピング検査が行えなくなる。問題が改善されない場合は公認停止が延長される。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ・アマチュア・ウエイトリフティング協会は7日、選手のドーピングが相次いで発覚したことを受け、問題が解決するまで、すべての国際試合への出場を見合わせると発表した。2020年の東京五輪には出場し...