RSS

マツダ3 新型、中国カーオブザイヤーをマツダ車で初受賞…広州モーターショー2019

2019年11月24日(日) 23時24分(タイ時間)
中国カーオブザイヤーをマツダ車として初受賞したマツダ 3 新型の画像
中国カーオブザイヤーをマツダ車として初受賞したマツダ 3 新型
中国カーオブザイヤーをマツダ車として初受賞したマツダ 3 新型の授賞式(広州モーターショー2019)の画像
中国カーオブザイヤーをマツダ車として初受賞したマツダ 3 新型の授賞式(広州モーターショー2019)
マツダ3新型(中国仕様)の画像
マツダ3新型(中国仕様)
マツダは11月22日、中国で開幕した広州モーターショー2019において、新型『マツダ3』(Mazda 3)が、マツダ車として初めて、「2020中国カーオブザイヤー」を受賞した、と発表した。

2020中国カーオブザイヤーの選考対象は、2018年10月1日から2019年9月30日まで、中国本土で発売された194モデルだ。38名の自動車ジャーナリストなどによる採点の結果、10車種のノミネート車の中から、新型マツダ3が2020中国カーオブザイヤーに選出された。

新型マツダ3は、日本の美意識の本質を体現することを目指して、深化した「魂動デザイン」を採用した。ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、繊細なボディ造形による光の移ろいやリフレクションの動きによって、これまで以上に力強く、味わい深い生命感を作り込んだという。

また新型では、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを狙って、新世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー」を導入する。人間を中心に設計するという思想に基づき、車としての基本性能を向上させ、「走る・曲がる・止まる」という、車の動きが自然に感じられることを目指した。

なお、中国向けの新型マツダ3は、2019年8月より中国の長安マツダ汽車有限公司で現地生産。中国では、セダンモデルのみが導入されている。
《森脇稔@レスポンス》

注目ニュース

タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2019に新型「マツダ3」newsclip

【タイ】タイでマツダ車を販売するマツダ・セールス(タイランド)は21日、タイ・オートモーティブ・ジャーナリスト協会の「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」に新型「マツダ3」が選ばれたと発表した。

マツダ、タイで新型「CX-8」発売newsclip

【タイ】タイでマツダ車を販売するマツダ・セールス(タイランド)は13日、SUV(多目的スポーツ車)の新型「マツダCX-8」をタイで販売すると発表した。販売価格は159.9万バーツ。6000台の販売を目指す。

【ベトナム】米調査会社JDパワーがベトナムで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2019年ベトナム自動車セールス満足度(SSI)調査」で、マツダが1000点満点中859点で1位になった。

新型「マツダ3」 タイ発売4日で受注1100台newsclip

【タイ】タイでマツダ車を販売するマツダ・セールス(タイランド)は25日、乗用車の新型「マツダ3」の受注台数が発売から4日で1100台以上に達したと発表した。受注はセダンとファストバックが半々だという。

【フィリピン】米市場調査大手JDパワーがフィリピンの自動車正規販売店のアフターサービス(整備、修理など)を調査した「2019年フィリピン自動車サービス満足度(CSI)」調査で、マツダが1000点満点中824点を獲...

特集