RSS

大東建託、日本でフレキシブルワークスペース事業 シンガポール社と合弁

2019年11月28日(木) 22時04分(タイ時間)
【日本】大東建託(東京都港区)は28日、フレキシブルワークスペース事業(コワーキングスペースやシェアオフィス、サービスオフィス、貸会議室などを含むオフィス事業)を手がけるシンガポール企業ジャストコホールディングスと日本に合弁会社を設立すると発表した。

 新会社は「ジャストコDK」。出資比率は大東建託51%、ジャストコ49%。
「ジャストコ」ブランドを活用して日本でフレキシブルワークスペース事業を展開する。2020年度上半期に事業を開始し、2年間で東京でフレキシブルワークスペースを7~9施設開設する計画だ。

 ジャストコはシンガポールを拠点に、アジア太平洋地域の7カ国・約40拠点でフレキシブルワークスペース事業を行っている。

 大東建託はジャストコに5000万ドル出資している。
《newsclip》

特集