RSS

日本政府、タイ北部で児童送迎用トラックの導入支援

2019年12月9日(月) 23時37分(タイ時間)
通園する子どもたちの画像
通園する子どもたち
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
病院へ通う地域の高齢者の画像
病院へ通う地域の高齢者
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
署名式の画像
署名式
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
署名式の画像
署名式
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
署名式の画像
署名式
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
【タイ】日本政府はタイ北部プレー県のメーパーク地区行政機構による子どもと高齢者のための送迎車両整備計画に総額201.6万バーツの無償資金援助を行うことを決め、9日、在チェンマイ日本総領事館で署名式を行った。送迎用トラックの導入とバス停設置を支援する。

 メーパーク地区はプレー市内から約70キロ離れた県最南端のワンチン郡に位置し、両親が出稼ぎに出ている貧困家庭が多い。メーパーク地区行政機構は運営する保育園と幼稚園に通う児童の送迎のため小型トラックバスを3台レンタルしているが、車両が老朽化していた。また、高齢者が家に引きこもることを防ぐためのイベントを年に数回開催し、その際にも車をレンタルしているため、費用がかさんでいた。
《newsclip》