RSS

バンコクで大気汚染悪化

2019年12月11日(水) 09時40分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、バンコク首都圏やタイ東北部の一部などで大気汚染が悪化している。

 11日午前9時のバンコク都内の空気質指数(AQI)はクロンサーン区ジャルンナコン通りで154、バンクンティエン区ラマ2世通り147、都市鉄道ブルーライン(地下鉄)・サムヤーン駅前137、ディンデン区ディンデン通り124など多くの観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を上回った。バンコク都庁は大気汚染対策として、道路、建設現場での散水に取り組んでいる。

 大気汚染は地方にも広がり、東北部の中心都市ナコンラチャシマはAQIが164、タイ中部のサムットサコン市は190、バンコク南郊のサムットプラカン市は167に達した。
《newsclip》

特集