RSS

タイモーターエキスポ 受注15%減、3.7万台

2019年12月11日(水) 13時26分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
 の画像
 
写真提供、INTER-MEDIA CONSULTANT
【タイ】11月28日~12月10日にバンコク郊外で開催されたタイ最大規模のモーターショー「第36回タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2019」の会場での自動車の受注台数は3万7489台(主催者発表、速報値)で、2018年の前回実績を15%下回った。

 ブランド別の1位はトヨタで6243台、2位ホンダ5766台、3位マツダ3998台、4位いすゞ3716台、5位三菱自動車2959台、6位スズキ2308台、7位MG2252台、8位日産2218台、9位メルセデス・ベンツ1862台、10位フォード1323台だった。BMWは969台、レクサスは80台、ポルシェは257台だった。

 自動二輪の受注台数は7251台で、1位ホンダ1440台、2位ヤマハ1167台、3位ベスパ612台、4位カワサキ502台だった。その他の主要メーカーはBMW284台、ドゥカティ114台、ハーレーダビッドソン320台。
《newsclip》