RSS

タイ・ミャンマー国境で銃撃戦、覚醒剤150万錠押収

2019年12月18日(水) 21時13分(タイ時間)
チェンライの銃撃戦現場の画像
チェンライの銃撃戦現場
写真提供、タイ陸軍PRセンター
チェンライで押収した覚醒剤の画像
チェンライで押収した覚醒剤
写真提供、タイ陸軍PRセンター
チェンライで押収した覚醒剤の画像
チェンライで押収した覚醒剤
写真提供、タイ陸軍PRセンター
ノンカイで押収した覚醒剤の画像
ノンカイで押収した覚醒剤
写真提供、タイ陸軍PRセンター
ノンカイで押収した覚醒剤の画像
ノンカイで押収した覚醒剤
写真提供、タイ陸軍PRセンター
ノンカイで押収した覚醒剤の画像
ノンカイで押収した覚醒剤
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【タイ】16日夜、タイ北部チェンライ県のミャンマー国境近くの山中で、タイ軍のパトロール隊が徒歩で移動していた15~20人ほどの武装グループと銃撃戦になった。武装グループ側は5分ほどで逃走した。

 タイ軍は夜明けを待って現場を捜索し、投棄されていた覚醒剤約150万錠を押収した。押収した覚醒剤はミャンマーからタイに密輸されるところだったとみられる。

 タイ東北部ノンカイ県では16日、メコン川岸で覚醒剤約6万錠がみつかり、タイ当局が押収した。メコン川の対岸のラオスから密輸されたとみられている。
《newsclip》

特集



新着PR情報