RSS

タイ石炭最大手バンプー、7.7億ドルで米シェールガス事業取得

2019年12月19日(木) 01時17分(タイ時間)
【米国、タイ】タイの石炭最大手バンプーは18日、米テキサス州バーネット・シェールガス田の事業を米デボン・エナジーから7億7000万ドルで取得すると発表した。

 取得するガス田は面積1295平方キロ、確認埋蔵量約3.5兆立方フィートで、2019年第3四半期の生産量は日量約6億立方フィートだった。

 バンプーはインドネシア、中国、日本などで、石炭、発電などの事業を展開。2016年に米ペンシルベニア州のシェールガス開発プロジェクトに出資した。2018年は売上高1233.5億バーツ、最終利益66.9億バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

【ラオス】21日に発生したラオス北部サイヤブリ県を震源とする地震を受け、震源に近いサイヤブリ県のホンサー石炭火力発電所が地震直後から運転を停止した。運営会社によると、発電所に大きな被害はなく、けが人...

【タイ】タイの石炭最大手バンプーは4日、電気自動車ベンチャーのFOMM(川崎市)が発行する新株を2000万ドルで引き受け、同社に21.5%出資すると発表した。

【タイ】楽天は18日、電力小売り事業、環境価値(再生可能エネルギーや省エネルギーなどの導入で得られる二酸化炭素などの温室効果ガス削減効果を国や自治体が認証、価値化したもの)取引分野でタイの石炭・発...

【米国、タイ】タイの石炭最大手バンプーは19日、米ペンシルベニア州のシェールガス開発プロジェクト、チャフィー・コーナーズ・ジョイント・エクスプロレーション・アグリーメントの権益29・4%を1億12...

特集