RSS

加藤産業、マレーシア最大級の卸売業グループに

2019年12月19日(木) 17時07分(タイ時間)
【マレーシア】食品卸の加藤産業(兵庫県西宮市)は12日、日用雑貨や加工食品の卸売りを手がけるマレーシア企業マリソンの株式を取得すると発表した。

 マリソンはマラッカ、ジョホールバルなどマレーシア半島部中南部を営業地域とする卸売企業で、2018年度の売上高3億9250万リンギ。

 加藤産業はマレーシアでクアラルンプールと北部を中心に事業を展開。マリソンの買収で南部に進出し、マレーシア半島部全域を営業地域とするマレーシア最大級の卸売業グループとなる。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】食品卸の加藤産業(兵庫県西宮市)は9日、日用雑貨や加工食品の卸売りを手がけるマレーシア企業レイン・ヒン・ホールディングス(資本金525万リンギ)を買収すると発表した。

【ベトナム】加藤産業(兵庫県西宮市)は8日、ベトナムの食品卸会社Toan Gia Hiep Phuoc Trading and Food Processingを買収すると発表した。取得株数、買収額など詳細は明らかにしていない。