RSS

スズキ エルティガ、販売50万台突破…インド最量販MPVに

2019年12月23日(月) 23時29分(タイ時間)
スズキ・エルティガ 新型の画像
スズキ・エルティガ 新型
《photo by Maruti Suzuki》
スズキ・エルティガ 新型の画像
スズキ・エルティガ 新型
《photo by Maruti Suzuki》
スズキ・エルティガ 新型の画像
スズキ・エルティガ 新型
《photo by Suzuki》
スズキ・エルティガ 新型の画像
スズキ・エルティガ 新型
《photo by Maruti Suzuki》
スズキ・エルティガ 新型の画像
スズキ・エルティガ 新型
《photo by Maruti Suzuki》
スズキ・エルティガ 新型の画像
スズキ・エルティガ 新型
《photo by Maruti Suzuki》
スズキのインド子会社のマルチスズキは12月20日、『エルティガ』(Suzuki Ertiga)の販売台数が50万台を突破した、と発表した。

エルティガは、3列シートの7人乗りミニバンだ。2012年からインドで生産と販売を開始した。コンパクトな車体ながら、広い室内空間と居住性、取り回しの良さを備えており、世界70以上の国と地域で販売されている。

2世代目となる新型エルティガは2018年11月、インドで発売された。高級感のあるフロントグリルやダイナミックなショルダーラインで力強さとエレガントさを追求する。インテリアは、木目調の加飾などにより、上質さを表現した。

車台には、新プラットフォームの「ハーテクト」(HEARTECT)を採用した。全長を130mm延長したことにより、広い室内空間と荷室スペースを実現している。

このエルティガの販売台数が2012年の初代から数えて、およそ8年で50万台を突破した。50万台の内訳は、初代が41万8128台、新型が10万台だ。新型は、発売から1年1か月で販売台数が10万台に到達した。新型のインドMPVセグメントにおけるシェアは36%と、トップシェアを獲得している。
《森脇稔@レスポンス》