RSS

ヤマハ発動機、排気量アップした新型スクーター『ファッシーノ』をインドで発売へ

2019年12月23日(月) 23時30分(タイ時間)
ヤマハ ファッシーノの画像
ヤマハ ファッシーノ
《画像:ヤマハ発動機》
ヤマハ ファッシーノの画像
ヤマハ ファッシーノ
《画像:ヤマハ発動機》
ヤマハ ファッシーノの画像
ヤマハ ファッシーノ
《画像:ヤマハ発動機》
ヤマハ ファッシーノの画像
ヤマハ ファッシーノ
《画像:ヤマハ発動機》
ヤマハ ファッシーノの画像
ヤマハ ファッシーノ
《画像:ヤマハ発動機》
ヤマハ ファッシーノの画像
ヤマハ ファッシーノ
《画像:ヤマハ発動機》
ヤマハ ファッシーノの画像
ヤマハ ファッシーノ
《画像:ヤマハ発動機》
ヤマハ発動機は、空冷4サイクル単気筒125ccブルーコアエンジンを搭載するスクーター『ファッシーノ』の2020年モデルを2020年1月よりインドにて発売する。

ファッシーノは、艶やかなデザインの軽量ボディと使い勝手や燃費性能の良さが特長のファッションスクーターで、2015年の投入以来、インドの都市部に住むファッションやトレンドに敏感な男女から人気を博している。

2020年モデルでは、新エンジン搭載で、2020年4月よりインドで導入される排出ガスの新規制(BS6)に適合。排気量は現行の113ccから125ccにアップし、力強い走行フィーリングと優れた燃費を両立している。

また、静かな始動や軽量コンパクト化に貢献するスマートモータージェネレーターシステムや、燃費消費を低減するストップ&スタートシステム、美しいボディラインとサーフェイス、軽快なハンドリングをもたらす新設計の軽量フレームなど、走行の快適性やスタイリングに高級感を求める都市部のニーズに呼応し、商品性に磨きを掛けた。

価格は6万6430(約10万2000円)~6万9930インドルピー(約10万7000円)。

インドの二輪車需要は年間約2200万台規模で、スクーターが30%以上を占める。スクーター市場では、これまで排気量110ccクラスが主流だったが、サイズアップがトレンドとなり125ccクラスのスクーターの需要が増加。ファッシーノも本モデルより125ccにサイズアップした。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》