RSS

日本政府、貧困孤児らのためのコミュニティラーニングセンター支援

2019年12月25日(水) 23時44分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、在タイ日本国大使館
【タイ】日本政府はバンコクの仏教寺院ワット・アルン(暁の寺)で貧困孤児などのためのコミュニティラーニングセンターの地下教室3室を整備する。

 25日、在タイ日本大使館で川村博司臨時代理大使とコミュニティラーニングセンターのハルタント・グンナワン・ダイレクターが署名式を行った。213.4万バーツの無償資金援助を行う。

 コミュニティラーニングセンターは人身取引の被害のおそれが高い生徒を受け入れる団体で、2006年に発足した。ワット・アルンの構内で活動し、地方で選定された生徒20人に寮と奨学金を支援し、看護専門学校に通わせながら、学校外の時間に英語や礼儀作法、タイ文化を教えている。しかし、ワット・アルン内の地下教室2室と限られた屋外スペースのみを利用していることから、生徒への個別指導などによるケアが十分に行えていなかった。
《newsclip》