RSS

海外在住日本人 タイ7.6万人、ベトナム2.2万人 外務省調査

2020年1月8日(水) 00時58分(タイ時間)
【アジア】日本の外務省がまとめた海外在留邦人数調査統計によると、海外在住の日本人(3カ月以上の長期滞在者と永住者の合計)は2018年10月1日時点で139万370人で、前年の調査から2.8%増加した。

 長期滞在者が1%増、87万6620人、永住者が6.1%増、51万3750人だった。

 男女別では女性が73万130人、男性が66万240人。

 国・地域別で最も多かったのは米国で44万6925人(前年比4.9%増)。次いで、2位中国12万76人(同3.3%減)、3位オーストラリア9万8436人(同1.2%増)、4位タイ7万5647人(同4%増)、5位カナダ7万3571人(同5.1%増)、6位英国6万620人(同3.6%減)、7位ブラジル5万1307人(同2.1%減)、8位ドイツ4万5416人(同0.8%減)、9位フランス4万4261人(同3.6%増)、10位韓国3万9403人(同0.9%減)――。中国は2012年の15万399人をピークに毎年減り続けている。

 アジア諸国・地域は11位シンガポール3万6624人(同0.6%増)、12位マレーシア2万6555
人(同8.8%増)、13位台湾2万4280人(同15.3%増)、14位ベトナム2万2125人(同28.1%増)、16位インドネシア1万9612人(同0.5%減)、17位フィリピン1万6894人(同2%増)、23位インド9838人(同6.7%増)、29位カンボジア3934人(同11.8%増)、34位ミャンマー2776人(同6.4%増)――。
《newsclip》