RSS

タイで新型コロナウイルス感染2人目 武漢在住の中国人女性、空港で高熱検知

2020年1月17日(金) 11時33分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
【タイ】タイ保健省は17日、新型コロナウイルスに感染した中国人女性(74)を隔離して治療していると発表した。容体は快方に向かっているという。タイで新型コロナウイルス感染が確認されたのは2人目。

 女性は新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている中国湖北省武漢在住。13日に空路でバンコクのスワンナプーム空港に到着した際、空港の赤外線サーモグラフィで高熱が検知され、タイ保健当局による検査で新型コロナウイルスが検出された。

 タイでは今月8日に武漢からの直行便でスワンナプーム空港に到着した中国人女性(61)が空港の赤外線サーモグラフィで高熱が検知され、タイ当局の検査で新型コロナウイルス感染が確認された。この女性は容体が改善し、17日時点で熱はないという。

 中国は24日から春節(旧正月、今年は1月25日)の連休に入る。人気の渡航先であるタイには連休中、武漢からだけでも1日1000~2000人が訪れるとみられ、当局は警戒を強めている。
《newsclip》

特集