RSS

バンコクの大気汚染、再び悪化

2020年1月19日(日) 17時56分(タイ時間)
大気汚染対策の散水の画像
大気汚染対策の散水
写真提供、バンコク都庁
大気汚染対策の散水の画像
大気汚染対策の散水
写真提供、バンコク都庁
【タイ】野焼き、山火事の煙霧などによる大気汚染がバンコク、タイ北部、東北部などで悪化している。

 タイ天然資源環境省公害管理局によると、19日午後5時時点のバンコクの空気質指数(AQI)はプラナコン区サムセン通り192、ディンデン区ディンデン通り162、ブンクム区クロンクム172、バンコーレム区ラマ3世通り172など、ほぼすべての観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超えた。

 タイ北部ではラムパン県ラムパン市が208で、「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

 タイ各地のAQIは北部プレー県プレー市170、東北部ナコンラチャシマ県ナコンラチャシマ市149、西部カンジャナブリ県カンジャナブリ市180、東部プラジンブリ県シーマハーポート郡170など。
《newsclip》

特集