RSS

22日にバンコクの437校臨時休校 大気汚染悪化で

2020年1月21日(火) 23時47分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は21日、大気汚染の悪化を受け、都庁が管轄する学校437校を22日に臨時休校すると発表した。

 また、大気汚染対策として、マイカーによる通勤時の排気ガス排出を分散させるため、22日から、都庁本庁などに勤務する職員の勤務時間を午前8時半~午後4時半から午前10時~午後6時に変更。マスク45万枚の配布も行う。

 タイ天然資源環境省公害管理局によると、21日午後11時時点のバンコクの空気質指数(AQI)はブンクム区クロンクム185、ワントンラン区ラープラーオ通り175、ディンデン区ディンデン通り159などで、多くの観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超えた。

 大気汚染は地方でも悪化し、中部サラブリ県チャループムプラキヤット郡は237と、「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。
《newsclip》

特集



新着PR情報