RSS

【PR】「ここがポイント」日本人が見た建設現場 内装編その3 福孝工務店

2020年1月28日(火) 00時17分(タイ時間)
2階への階段付近の画像
2階への階段付近
1階全体の画像
1階全体
店舗入口の画像
店舗入口
 今回の現場はバンコク都内スクムビット通りソイ26に開店予定のレストランです。肉料理を中心とした洋風居酒屋で、欧米人の来客を多く見込んだお店になります。タウンハウス全3階のうち1、2階がホールです。3階は当初、事務所とします。

ポイント(1):もともとタイ料理店だった空間を有効利用

 以前タイ料理店だったスペースをオーナーさんがスケルトン状態に改修しています。そのため水回りも良好な状態を維持、トイレなどもレストランとして使いやすく設置されていました。ホールは1、2階で延べ床面積約200平方メートルです。

ポイント(2):背の高い欧米人が移動しやすいレイアウトを考案

 元々の建物が構造的に梁が低く、一部は斜めになっている古いタウンハウスのレイアウトです。アジア人より背の高い人が多い欧米人でも店内をスムーズに移動できるようなレイアウトを考案しました。低い梁の部分には蔦の葉をイメージした装飾を加えるなど、ひと目で分かるような造りとします。

 2月末までの完成を予定していますが、工期的にはボリュームがあるため、着工が遅れた事もあり少し延びることも見込んでいます。

FUKUTAKA KOUMUTEN (THAILAND) CO., LTD.
Head Office:
住所:33 Manutham Mansion 2nd Fl., Rm No. 4, Soi Sukhumvit 51, Sukhumvit Rd., KhlongtonNua,
     Wattana, Bangkok 10110
 電話:02-662-5551, ファクス:02-662-5900
 携帯:094-010-3059(岡野)
Branch No. 1:
 住所:85/103 Rm. No.C6 Moo 20, Tambon Bangpleeyai, Amphoe Bangplee, SamutPrakarn, 10540
 電話:02-186-8632 
Eメール:fk88th@fukutaka.com
ウェブサイト:www.fukutaka.com
《newsclip》