RSS

ドーピング疑惑のタイ重量挙げ 協会幹部が総辞職

2020年2月3日(月) 00時44分(タイ時間)
【タイ】タイ・アマチュア・ウエイトリフティング協会(TAWA)は30日、組織的なドーピング疑惑が明るみに出たことを受け、TAWAのブサバー会長を含む執行委員会が総辞職すると発表した。

 1月5日にドイツで放送されたドキュメンタリー番組で、2012年ロンドン五輪の女子重量挙げ58キロ級銅メダリストのシリプット・クンノイさんが、自身を含むタイの重量挙げ選手がドーピングを行っていたと発言したことを受けた措置。ブサバー会長は、番組内容は事実ではないと反論しつつも、タイのスポーツ界と国のイメージを傷つけたとして、引責辞任を表明した。

 タイの重量挙げ選手は相次いでドーピングが発覚し、TAWAは昨年3月、2020年の東京五輪を含むすべての国際試合への出場を当面の間見合わせると発表していた。
《newsclip》

特集