RSS

住友林業と熊谷組、ジャカルタでマンション・複合商業施設開発

2020年2月3日(月) 00時48分(タイ時間)
【インドネシア】住友林業と熊谷組はインドネシアの不動産大手シナルマスランド、林業・合板製造のアラス・クスマと共同で、ジャカルタ中心部のクニンガン地区で高層コンドミニアムと商業複合施設を開発する。総投資額約1.5億ドル。

 敷地面積約1万平方メートル、延床面積約5万平方メートル。35階建てのマンション(総戸数約500)と27階建てのオフィスビルを建設する。2021年発売、2024年完成を見込む。
《newsclip》

特集



新着PR情報