RSS

人気少女漫画家がタイの人身取引問題描く JICAと小学館協働

2020年2月5日(水) 11時45分(タイ時間)
【日本】国際協力機構(JICA)が小学館と協働して制作したタイの人身取引をテーマにした漫画「わたしをとりまく世界の話」(全16ページ)が5日発売の小学館女性コミック誌「姉系プチコミック」 3月号に掲載された。同日からJICAのウェブサイトでも公開されている。

 人身取引とは、暴力や脅迫、誘拐、詐欺などの手段で、弱い立場にある人を別の国や場所に移動させ、売春や強制労働などの目的で搾取すること。被害者の約7割が女性(成人および子ども)と言われる。漫画では、タイの田舎に住む17歳の少女が人身取引の被害に遭う様子が描かれた。JICAが被害者女性たちの自立をサポートする具体的な取り組みも紹介している。

 漫画を執筆したのは「深夜のダメ恋図鑑」などの作品で人気の少女漫画家尾崎衣良さん。尾崎さんは漫画の制作にあたり、JICAの専門家としてタイで被害者女性たちをサポートしてきた松野文香さんに話を聞いた。
《newsclip》

特集



新着PR情報