RSS

死者30人、負傷者58人 タイ東北ナコンラチャシマの銃撃事件

2020年2月10日(月) 10時26分(タイ時間)
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相の画像
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相
写真提供、タイ警察
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相の画像
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相
写真提供、タイ警察
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相の画像
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相
写真提供、タイ警察
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相の画像
9日にナコンラチャシマ県を訪れたプラユット首相
写真提供、タイ警察
【タイ】タイ東北部ナコンラチャシマ県ナコンラチャシマ市で発生した銃撃事件で、ナコンラチャシマ県当局は9日夜、記者会見を開き、事件による死者が射殺された犯人を含め30人、負傷者が58人に上ったと発表した。

 犯人はタイ陸軍曹長の男(32)で、8日午後4時ごろ、ナコンラチャシマ市内の住宅で上官の陸軍大佐とその義母を射殺した。不動産売買をめぐるトラブルが原因とみられている。

 犯行後、市内の陸軍基地で銃を発砲し、兵士1人を殺害、2人にけがをさせ、自動小銃、散弾銃、銃弾約700発などを奪った。その後、軍用車両で基地から市内のショッピングセンター「ターミナル21コラート」に向かい、店の内外で自動小銃を乱射、買い物客ら多数を死傷させた。そのまま「ターミナル21コラート」に立てこもり、9日朝、突入した警官隊に射殺された。
《newsclip》

特集