RSS

ミャンマーからの麻薬密輸ルート、タイ西側国境に

2020年2月16日(日) 19時05分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、ONCB
 の画像
 
写真提供、ONCB
 の画像
 
写真提供、ONCB
 の画像
 
写真提供、ONCB
【タイ】タイ麻薬取締委員会事務局(ONCB)は15日、2019年6月から2020年2月9日までにタイ北西部ターク県と西部カンジャナブリ県のミャンマー国境で押収した覚醒剤が6747キロに上ると発表した。特にターク県の国境で摘発が多く、9日にも覚醒剤910キロが押収された。

 ミャンマーからの覚醒剤の密輸はこれまで、タイ北部のチェンマイ県、チェンライ県からが中心だったが、タイ当局の取り締まり強化を受け、密輸ルートが西側国境に移っているもようだ。
《newsclip》

特集