RSS

路線バスの屋根に空気清浄機 バンコク・バス公社が計画

2020年2月18日(火) 21時30分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、Bangkok Mass Transit Authority
 の画像
 
画像提供、Bangkok Mass Transit Authority
【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)は17日、大気汚染対策として、バスの屋根に空気清浄機を設置する計画を明らかにした。

 ファンで吸入した外気をフィルターで浄化し、99.5%の汚染物質を除去できるとしている。2月12日に実証試験を行った。

 タイのテレビ報道によると、BMTAの計画に対しては、専門家から効果を疑問視する意見が相次いでいる。インターネット上では、計画を支持する意見がやや多いようだ。

 BMTAは老朽化して黒煙を吹き出すバスを現在も多数運行し、バンコク都民から批判を浴びている。
《newsclip》

特集