RSS

タイ小売り大手セントラルリテールが上場、時価総額2500億バーツ

2020年2月20日(木) 23時49分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Central Retail Corporation
 の画像
 
写真提供、Central Retail Corporation
 の画像
 
写真提供、Central Retail Corporation
 の画像
 
写真提供、Central Retail Corporation
 の画像
 
写真提供、Central Retail Corporation
 の画像
 
写真提供、Central Retail Corporation
【タイ】小売り、ホテルなどの事業を展開するタイの大手財閥セントラルグループの小売り部門セントラルリテールが新規株式公開(IPO)を行い、20日、タイ証券取引所(SET)に上場した。時価総額約2500億バーツ(約80億ドル)という大型上場となった。

 銘柄コードは「CRC」。公開価格42バーツ、初日終値は41.75バーツだった。

 タイ国内で百貨店「セントラル」、「ロビンソン」、スーパーマーケット「トップス」、コンビニエンスストア「ファミリーマート」など1922店、ベトナムでハイパーマーケットなど133店、イタリアで百貨店9店を展開。

 2018年の売上高2065.8億バーツ、最終利益100.3億バーツ。

 セントラルグループのSET上場はホテル会社セントラルプラザホテル、不動産開発会社セントラルパタナーに続く3社目。
《newsclip》

特集