RSS

判事の兄を誘拐殺害か タイ元閣僚逮捕

2020年2月23日(日) 17時09分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は23日、裁判官の兄を誘拐、殺害した疑いで、バンイン元副商務相(退役警察中佐、56)ら3人を中部ナコンサワン県で逮捕した。バンイン容疑者は別の殺人と公文書偽造などで起訴され、保釈中だった。

 警察によると、バンイン容疑者は自分の公文書偽造の裁判を担当する判事の兄を今月4日、バンコク南刑事裁判所前で誘拐し、判事に電話して無罪にするよう迫った。その後、兄を殺害し、遺体をナコンサワン県内の川に投棄した。

 バンイン容疑者は2015年、自分が運転する乗用車が立木に衝突する「事故」を起こし、助手席にいた建設会社オーナーの知人男性が死亡した。その後、男性が所有する約2億7000万バーツ相当の株式が死亡する10日前、バンイン容疑者と関係がある女2人に「譲渡」されていたことが判明。タイ当局はバンイン容疑者らが書類を偽造して株式の譲渡を偽装した上、男性を殺害したとみて、バンイン容疑者と女2人を逮捕、起訴した。バンイン容疑者はその後、保釈されていた。

 バンイン容疑者は警察士官学校卒業後、警察に勤務。2000年に退官して政界に転じ、2001年に下院議員に当選。2008年、タクシン元首相派サマック政権で副商務相を務めた。
《newsclip》

特集