RSS

バンコク都庁管轄の学校 26、27日臨時休校 大気汚染深刻化で 

2020年2月25日(火) 23時01分(タイ時間)
大気汚染対策の散水の画像
大気汚染対策の散水
写真提供、バンコク都庁
大気汚染対策の散水の画像
大気汚染対策の散水
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は25日、大気汚染の悪化を受け、都庁が管轄する学校を26日と27日、臨時休校すると発表した。また、都内の鉄道や大型建築物の建設工事を26日から28日まで中止するよう事業者に要請した。

 タイ天然資源環境省公害管理局によると、25日午後10時時点のバンコクの空気質指数(AQI)はすべての観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超え、バンカピ区のバンカピ交差点で207など4カ所で「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

 大気汚染は地方でも悪化し、中部サラブリ県チャルームプラキアット郡は午後10時時点のAQIが240、北部メーホンソン県メーホンソン市は230、東部ラヨン県ラヨン市は201だった。
《newsclip》

特集