RSS

NTTデータ、ASEANの文化遺産デジタル化

2020年2月27日(木) 22時08分(タイ時間)
【ASEAN】NTTデータは27日、ASEAN(東南アジア諸国連合)の文化遺産を集約するデジタルアーカイブシステムを構築し、第1フェーズとして、インドネシア、タイ、マレーシアの3カ国で文化遺産約160点のデジタル化を完了したと発表した。

 ASEAN事務局が推進するASEAN諸国の歴史的文化遺産をデジタル化する「ASEANカルチャラル・ヘリテージ・デジタル・アーカイブ(ACHDA)」プロジェクトの一環。

 27日にインターネット上で公開されたアーカイブサイト「ACHDA」では、世界中からこれらの文化遺産の閲覧。従来のNTTデータのデジタルアーカイブシステムで対応していた画像、音声、動画データだけでなく、立体造形物の3Dデータにも対応する。

 今後第2フェーズとして、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスの文化遺産のデジタル化とアーカイブサイトでの公開を順次進める。
《newsclip》

特集



新着PR情報