RSS

韓国で不法就労のタイ人大挙帰国、タイで不安広がる

2020年3月4日(水) 22時08分(タイ時間)
【タイ、韓国】韓国で不法就労していたタイ人が大挙して帰国する見通しとなった。帰国者が新型コロナウイルスを持ち帰るのではという不安がタイ国内に広がり、一部でマスクが品薄になるなどの影響が出ている。

 タイのテレビ報道によると、韓国政府は6月末までに出頭して帰国するタイ人不法就労者に罰金を科さず、入国禁止にもしない措置を打ち出した。韓国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることもあり、約5000人の不法就労者が帰国の意思を表明したという。

 韓国当局はタイ人不法就労者の出国時に新型コロナウイルスの検査を行い、陽性の場合は国費で治療する方針を打ち出している。タイ政府は新型コロナウイルスの感染が拡大している韓国の大邱広域市と慶尚北道からの帰国者を政府の施設で14日間隔離するほか、帰国者全員に14日間の自宅待機を要請する。

 3月3日には不法就労者158人がタイに帰国し、このうち発熱などの症状がみられた17人が隔離された。新型コロナウイルスの検査では17人全員が陰性だった。

 タイ国内で4日までに確認された新型コロナウイルス感染者は計43人で、このうち1人が死亡、11人が入院中で、31人が治癒(ゆ)して退院した。
《newsclip》


新着PR情報