RSS

無人カメラにトラ3頭、タイ西部の野生動物保護区

2020年3月8日(日) 22時10分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、国立公園野生動植物局
【タイ】タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局は6日、タイ西部カンジャナブリ県のサラックプラ野生動物保護区に設置した無人カメラがトラ3頭を撮影したと発表した。

 このうち2頭は隣接する野生動物保護区で生息が確認されていたが、1頭は新たにみつかった。

 タイでは経済開発による森林の減少で野生のトラが減り、一時は生息が疑問視されていた。しかし近年、タイ各地の国立公園で、無人カメラがトラの姿を捉え、繁殖していることも確認された。昨年5月には、タイ西部の森で男女が野生のトラと遭遇し、その様子を撮影した動画がフェイスブックに投稿され、話題を呼んだ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、15日午後、タイ北部ターク県のクロンワンジャオ国立公園に隣接する畑で、農家のタイ人男性(28)がトラとみられる体長約2メートルの動物と遭遇した。現場ではトラのものとみら...

無人カメラにトラ、バク タイ中西部の野生動物保護区newsclip

【タイ】タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局は14日、タイ中西部のフワイカーケン野生動物保護区(ナコンサワン県)に設置した無人カメラに、複数のトラ、バクなどが写っていたと発表した。

【タイ】男女が森でトラに遭遇した様子を撮影した動画が11日にフェイスブックに投稿され、タイのテレビ局が一斉に報じるなど話題となっている。

特集