RSS

全長3メートル、チャオプラヤ川で巨大エイ捕獲 タイ中部アントン

2020年3月11日(水) 18時07分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、10日朝、タイ中部アントン県を流れるチャオプラヤ川で、幅約1.5メートル、尾を含めた全長約3メートルの巨大な淡水エイが釣り上げられた。エイは県の水産試験センターの職員が調査した後、川に返された。

 釣り上げられたのはヒマンチュラ・チャオプラヤという種類の淡水エイとみられる。ヒマンチュラ・チャオプラヤはチャオプラヤ川のほか、タイ東部のバンパコン川、中部のメークロン川などに生息。アントン県のチャオプラヤ川では2015年にも巨大な淡水エイが釣り上げられている。
《newsclip》

注目ニュース

巨大淡水エイ大量死 タイ当局、廃水排出企業に損害賠償請求newsclip

【タイ】タイ中部のラチャブリ県とサムットソンクラーム県を流れるメークロン川で2016年10月、魚が大量死した事件で、タイ天然資源環境省公害管理局は10日、大量死の原因となった産業廃水を川に排出した企業に損...

タイの巨大淡水エイ大量死、死亡45匹に 2匹保護newsclip

【タイ】中部サムットソンクラーム県のメークロン川で、巨大な淡水エイ「ヒマンチュラ・チャオプラヤ」が大量死している問題で、タイ農業協同組合省漁業局は11日、9月29日―10月10日に45匹の死体がみつ...

13歳少年の釣り竿に体長4メートルの巨大エイ タイ中部のチャオプラヤ川newsclip

【タイ】15日、タイ中部アントン県を流れるチャオプラヤ川で、地元の少年(13)の釣り竿に体重約200キロの巨大な淡水エイがかかり、4時間を超える格闘の末、捕獲された。



新着PR情報