RSS

日本政府、タイ・カンボジア国境の地雷除去に455万バーツ無償援助

2020年3月12日(木) 01時12分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、在タイ日本国大使館
【タイ、カンボジア】日本政府はタイ東北部スリン県のカンボジア国境地帯の地雷除去活動に454.6万バーツの無償資金援助を行う。

 11日、在タイ日本大使館で、除去活動の実施機関であるノルウェイ・ピープル・エイドのアクセル・スティーン・ニルセン・カントリーダイレクターと梨田和也大使が署名式を行った。対象は約16平方キロ、人口約20万人の生活地域。

 タイ・カンボジア国境地帯には1970~1990年代のカンボジア内戦時の地雷が現在も残り、爆発による死傷者が後をたたない。

 タイでの地雷除去活動は、NGO(非政府組織)などが危険地域の絞り込み、地雷探査機による技術的探査を実施し、最終的な除去作業タイ軍が行う。ノルウェイ・ピープル・エイドは2000年からタイで地雷除去に携わってきた。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】在ミャンマー・ドイツ大使館は27日、ミャンマーのシャン州ニャウンシュエでドイツ人旅行者が地雷で死亡したと明らかにした。詳細は公表していない。

【タイ】タイのテレビ報道によると、6日、タイ東北部ウボンラチャタニ県のカンボジア国境近くの森で爆発が起き、きのこ狩りをしていたタイ人男性(35)が左足を失う重傷を負った。

【ミャンマー】タイのテレビ報道によると、19日朝、ミャンマー東部カイン州のタイ国境近くの山中で地雷が爆発し、タイ人の少年(8)が死亡、ミャンマー人の少年(13)が重傷を負った。

【タイ】タイのテレビ報道によると、14日朝、タイ東部サケーオ県のカンボジア国境近くの林で爆発が起き、タケノコ採りをしていたタイ人男性(44)が右足を失う重傷を負った。カンボジア内戦時代に敷設された地雷...



新着PR情報