RSS

東南アジアで休業・入国規制、外国人労働者帰国で新型コロナ感染拡大も

2020年3月19日(木) 11時18分(タイ時間)
マレーシアから帰国するタイ人の画像
マレーシアから帰国するタイ人
写真提供、タイ陸軍PRセンター
マレーシアから帰国するタイ人の画像
マレーシアから帰国するタイ人
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【東南アジア】新型コロナウイルス対策として、東南アジア各国で入国規制や娯楽施設の閉鎖などが相次いでいることを受け、比較的富裕なタイ、マレーシアなどからミャンマー人などの外国人労働者が帰国する動きが加速している。

 タイでは18日から娯楽施設などの14日間休業が始まり、こうした施設で就労するミャンマー人の帰国ラッシュが起きた。同日から商業施設の多くが閉鎖されたマレーシアからはタイ人労働者らの帰国が相次いだ。ミャンマー、カンボジアなど国内の医療体制がぜい弱な国では、こうした帰国者が新型コロナウイルスを持ち込み感染が拡大するという懸念が浮上している。
《newsclip》


新着PR情報