RSS

タイ北西部国境、帰国するミャンマー人殺到

2020年3月24日(火) 14時16分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、24日、タイ北西部ターク県メーソードのタイ・ミャンマー第2友好橋の国境ゲートの前に、帰国しようとするミャンマー人数千人が詰めかけた。

 タイ当局は23日からすべての陸の国境を閉鎖したが、混乱を回避するため、24日もタイ・ミャンマー第2友好橋の国境を臨時に開き、帰国を許可した。

 タイでは新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、バンコク首都圏などで商業施設の閉鎖が始まり、タイ国内で就労していたミャンマー人、ラオス人、カンボジア人らが大挙して帰国する事態となっている。

 こうした中、アサウィン・バンコク都知事は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、バンコク住民に対し、バンコクから出ないよう要請した。移動中に感染したり、移動先にウイルスを持ち込む恐れがあるとしている。 
《newsclip》

特集



新着PR情報