RSS

アジアパイル、ベトナムの風力発電事業に出資

2020年3月30日(月) 03時29分(タイ時間)
【ベトナム】アジアパイルホールディングス(東京都中央区)は27日、ベトナム子会社のパンブ・インベストメントがベトナム電力公社(EVN)の関連企業で風力発電事業を手がけるカマウ・インベストメント・リニューワブル・パワーの株式20%を約8.5億円で取得すると発表した。

 カマウ・インベストメント・リニューワブル・パワーは約154億円を投じ、ベトナム最南端のカマウ省カマウ市の沿岸洋上に直径100メートル級の大型タービンを備えた風力発電機18基を建設し、2021年8月以降に商業発電を開始する計画。電力はEVNに販売する。パンブ・インベストメントはコンクリート杭および関連の基礎工事を受注する予定。
《newsclip》

特集