RSS

ヤンゴンの複合不動産事業、JBICが2.8億ドル融資

2020年3月31日(火) 17時46分(タイ時間)
【ミャンマー】国際協力銀行(JBIC)は31日、鹿島建設と海外交通・都市開発事業支援機構が出資するシンガポール法人カジマ・ミャンマー・ホールディングに対し、三菱UFJ銀行と協調融資を実施すると発表した。JBICの融資額は2億7600万ドル。

 カジマ・ミャンマー・ホールディングは融資で調達した資金を、ヤンゴンのヤンキン地区で推進中の、ホテル、オフィス、商業施設からなる複合不動産の開発資金に充てる。
《newsclip》

注目ニュース

タイのホテル大手マイナー、ヤンゴンで2軒運営 鹿島開発の複合施設newsclip

【ミャンマー】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルは鹿島建設がヤンゴンで開発する複合施設でホテル2軒を受託運営する。「アバニ・ヤンゴン・ホテル」(客室数250)と「オークス・ヤンゴン」(同2...

鹿島、ヤンゴンで複合開発 事業費4億ドルnewsclip

【ミャンマー】鹿島建設(東京都港区)はミャンマー最大の都市ヤンゴンでオフィス、長期滞在者用ホテル、商業施設からなる複合開発に乗り出す。70年間(初期50年、10年延長2回)のBOT(建設、運営、移...