RSS

酒販売禁止、外出時のマスク義務化 タイ各県が新型コロナ独自対策

2020年3月31日(火) 22時48分(タイ時間)
バンコク都内の検問の画像
バンコク都内の検問
写真提供、バンコク都庁
バンコク都内の検問の画像
バンコク都内の検問
写真提供、バンコク都庁
バンコク都内の検問の画像
バンコク都内の検問
写真提供、バンコク都庁
バンコク都内の検問の画像
バンコク都内の検問
写真提供、バンコク都庁
バンコク都内の検問の画像
バンコク都内の検問
写真提供、バンコク都庁
バンコク都庁の窓口の画像
バンコク都庁の窓口
写真提供、バンコク都庁
バンコク都庁の窓口の画像
バンコク都庁の窓口
写真提供、バンコク都庁
バンコク都内の消毒作業の画像
バンコク都内の消毒作業
写真提供、バンコク都庁
バンコク都内の飲食店の画像
バンコク都内の飲食店
写真提供、バンコク都庁
バンコク都内の飲食店の画像
バンコク都内の飲食店
写真提供、バンコク都庁
【タイ】タイのテレビ報道によると、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、タイの各県が様々な独自の対策を打ち出した。

 東北部のサコンナコン県は3月31日から4月16日まで、県内での酒の販売を禁止した。政府が飲食店(持ち帰りを除く)など商業施設を閉鎖し、外出自粛を呼びかける中、集まって飲酒する人がいることが理由。

 バンコク南郊のサムットプラカン県は31日、住民に対し、外出する際にマスクの着用を義務付けた。また、県内のコンビニエンスストアに対し、午後11時から午前5時の間、営業を停止するよう命じた。

 バンコク北郊のノンタブリ県は同日、住民に対し、午後11時から午前5時の間、外出しないよう要請した。
《newsclip》