RSS

タイ渡航、入国許可書も必要に

2020年4月14日(火) 16時56分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館によると、タイ政府は4月12日から、タイの労働許可証(ワークパーミット)を所持する外国人がタイに入国する際、出発国のタイ大使館もしくは総領事館が発行する入国許可書の提示を義務付けた。

 入国の際に必要な書類はこれで、出入国カード、渡航前72時間以内に発行された飛行可能健康証明書、入国許可書となった。

 タイ入国後はタイ政府が指定する施設で自己負担で14日間の隔離措置を受ける必要がある。

 なお、タイ政府は今月18日まで、国際線旅客機のタイ国内の空港への着陸を、貨物機、軍用機、帰国のための特別機などを除き、原則禁止している。

 タイ政府は3月26日に発令した非常事態宣言で、外国人の入国を、外交官、ワークパーミット所持者などを除き、原則禁止している。在タイ日本大使館によると、ワークパーミットを所持し再入国許可(リエントリーパーミット)を取得している人およびスマートビザ(政府が定める特定産業分野に従事する高度技術専門家、投資家など向けに発給される4年間有効なビザ)の所持者はタイへの入国が可能だが、同伴家族は入国できない。
《newsclip》

特集



新着PR情報