RSS

酒好きタイ人男性が首吊り死 酒販売禁止を悲観か

2020年4月16日(木) 12時13分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙タイラットなどによると、15日朝、東北部ブンカン県の村の畑で、村民のタイ人男性(49)が木の枝から吊るした布で首を吊り死亡しているのがみつかった。

 男性の姉(52)によると、男性は酒好きだった。タイ全土で実施されている酒販売禁止で酒が飲めなくなり、他県に住む親族に酒の手配を頼んだが、入手できず、落ち込んでいたという。

 警察は男性が酒を飲めないことを悲観し自殺したとみて詳しい状況を調べている。

 タイでは4月に入り、新型コロナウイルス対策の一環として、全土で酒の販売が禁止されている。ブンカン県では12日から禁止され、16日に解禁される予定だったが、県知事が14日、酒の販売禁止期間を4月30日まで延長していた。
《newsclip》

特集



新着PR情報