RSS

食堂、寺院、ニューハーフも タイ各地で炊き出し

2020年4月20日(月) 00時00分(タイ時間)
バンコクでの炊き出しの画像
バンコクでの炊き出し
写真提供、バンコク都庁
バンコクでの炊き出しの画像
バンコクでの炊き出し
写真提供、バンコク都庁
バンコクでの炊き出しの画像
バンコクでの炊き出し
写真提供、バンコク都庁
バンコクでの炊き出しの画像
バンコクでの炊き出し
写真提供、バンコク都庁
バンコクでの炊き出しの画像
バンコクでの炊き出し
写真提供、バンコク都庁
バンコクでの炊き出しの画像
バンコクでの炊き出し
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、C.P. Group
 の画像
 
写真提供、Gulf Energy Development
【タイ】タイのテレビ報道によると、新型コロナウイルス対策でほとんどの商業施設が閉鎖され経済活動が停滞する中、地元の食堂、寺院、自治体などによる炊き出しがタイ各地で行われている。

 東部パタヤ市では17日、ニューハーフショーパブのニューハーフ演者らが無料で食品などを配り、長い行列ができた。マイクを握った演者は「ニューハーフは子供がいないので貯金がある」「お金がある人は貧しい人を助けよう」などと呼びかけた。

 南部ソンクラー県の食堂は11日から1日100食の無料配布を始め、失業者などが連日、行列を作っている。

 17日にバンコクの仏教寺院ワット・ドンムアンが行った炊き出しでは、食を求める数千人が密接した状態で行列を作る事態となったが、行政が介入し、1人1人距離を置くよう指導した。

 一方、タイ最大級の財閥CPグループは16日、300万ドルを投じてバンコク郊外に建設した手術用マスク工場が稼働を開始したと発表した。月300万枚生産し、医療関係者に無料配布する。同社はタイ国内の病院88カ所への食事の無料供給も行う。

 電力会社ガルフ・エナジー・デベロップメントはバンコク都内で1日2000~3000食を50日間、計12万食を無料で提供する方針。
《newsclip》

特集



新着PR情報