RSS

バンコク、酒販売禁止を4月末まで延長

2020年4月20日(月) 14時30分(タイ時間)
アサウィン・バンコク都知事の画像
アサウィン・バンコク都知事
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は20日、都内で今月10日から実施している酒販売禁止の期間を30日まで延長することを決めた。当初は20日までの予定だった。

 酒販売禁止はタイ政府の新型コロナウイルス対策の一環で、4月に入り全77都県で導入された。4月13~15日がタイ正月(水かけ祭り)にあたるため、祝賀で集団で飲酒し、新型コロナウイルスの感染リスクを高める恐れがあるというのが理由。

 販売解禁は最も早いラヨン、ブンカン、ラノン、クラビの4県で4月16日の予定だったが、4県とも5月1日まで延期していた。
《newsclip》

特集



新着PR情報