RSS

豊田通商、インドネシアで新型コロナPCR検査

2020年4月21日(火) 16時06分(タイ時間)
【インドネシア】豊田通商(名古屋市)は21日、同社が出資するインドネシア企業で受託臨床検査を手がけるイノラボ・サインス・インターナショナルがインドネシア保健省の公式要請を受け、新型コロナウイルス感染症のPCR検査をインドネシアで開始したと発表した。

 イノラボ・サインス・インターナショナルは豊田通商、保健科学研究所(横浜市)、インドネシアのコングロマリットで東南アジア最大手の製薬会社であるカルベファルマの合弁会社。

 インドネシア保健省によると、同国で20日までに確認された新型コロナウイルス感染症の感染者は7135人、死者は616人に上る。実数はこうした数字を大きく上回るという見方があり、インドネシア政府がPCR検査の検査能力拡充を打ち出していた。
《newsclip》


新着PR情報