RSS

タイ軍、新型コロナ対策で予算180億バーツ返上

2020年4月23日(木) 00時18分(タイ時間)
タイ陸軍の報道官の画像
タイ陸軍の報道官
写真提供、タイ陸軍
【タイ】タイ陸軍の報道官は22日、新型コロナウイルス感染症対策に充てるため、今年度の国防予算のうち180億バーツを中央予算に返納すると発表した。返納額は陸軍が約100億バーツ、海軍が41億バーツ。

 海軍は3隻購入する予定の中国製潜水艦のうち2隻目と3隻目など、陸軍は戦車、大砲などの購入を先送りし、予算を浮かせる。

 タイの国防予算は2014~2019年のプラユット軍事政権下で膨張し、海軍は中国製の潜水艦やドック型輸送揚陸艦、陸軍は中国製戦車や米国製装甲車などの購入契約を次々に結んだ。新型コロナウイルス感染症の影響でタイの経済が深刻な打撃を受ける中、こうした不要不急とみられる兵器の購入に批判が強まっていた。
《newsclip》

特集



新着PR情報