RSS

米国、タイに対する特恵関税大幅削減

2020年4月28日(火) 14時25分(タイ時間)
【タイ、米国】米通商代表部(USTR)によると、米国はこれまで特恵関税(GSP)を適用していたタイからの輸入品の約3分の1、13億ドル相当を4月25日からGSPの対象外とした。対象外となったのは水産食品、野菜果物、電気製品の一部など。

 USTRは昨年10月、タイ政府による労働者保護が不十分だとして、GSP適用対象の削減を発表していた。

 タイ商務省はGSPの適用外になることによるタイの輸出業者の負担増を年間15億~18億バーツと予想している。
《newsclip》

特集



新着PR情報