RSS

京セラ、タイのSPCGなど 長崎県宇久島で営農併設型太陽光発電 投資額2000億円

2020年4月28日(火) 18時16分(タイ時間)
【日本】京セラは28日、長崎県佐世保市宇久島で営農併設型太陽光発電事業を行う合弁会社に同社、タイの太陽光発電会社SPCG、九電工、東京センチュリー、古河電気工業、坪井工業の6社が計500億円を出資すると発表した。

 2020年度着工、2023年6月竣工の予定。京セラ製の太陽電池モジュール約480メガワット分を設置する。年間発電電力量は約51.5万メガワット時。宇久島と本土との間に約64キロの海底ケーブルを敷設し、発電した電力を九州電力に売電する。総投資額約2000億円を見込む。

 SPCGは同日、合弁会社に90億円(出資比率17.9%)出資すると発表した。
《newsclip》