RSS

タイ政府、3日に酒販売解禁か 批判殺到で方針転換?

2020年5月1日(金) 19時30分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙カオソッド、デ-リーニュースなどによると、タイ政府が新型コロナウイルス感染症対策の一環として4月から禁止している酒の販売を5月3日から解禁する可能性が出てきた。

 4月30日に内務省のチャチャイ事務次官が5月末まで酒の販売禁止を継続すると表明したが、ソムサック国家安全保障評議会事務局長が5月1日、酒を提供しないことなどを条件に3日から飲食店店舗での飲食を認めることについて言及し、酒の持ち帰りは禁止していないと発言した。

 酒販売禁止は4月に入り全77都県で導入された。4月13~15日がタイ正月(水かけ祭り)にあたるため、祝賀で集団で飲酒し、新型コロナウイルスの感染リスクを高める恐れがあるというのが理由だった。バンコクでは販売禁止は4月10日から20日までの予定だったが、20日になって4月末まで延長された。チャチャイ次官が5月末までの酒販売禁止を発表すると、インターネット上に「酒と新型コロナは無関係」、「独裁者」といった批判が殺到していた。
《newsclip》

特集